目的を見失ったぶろぐ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by わる
 
[スポンサー広告
広島ドッグぱーくについて書き殴ってみたら意味不明orz
ワンコ系の記事を扱っているサイトならもうとっくに出ているネタですネ。
バン○シャを見て今週号のワンピのフランキーの様に泣きながら見てました。

ニュース映像はこちらでご覧になれます。
http://eventkyusyu.axisz.jp/tbsdogpark.asx

ホントになんと言っていいか言葉が出ませんでしたね。
このニュースが始まり、やせ細ったワンコ、眼球のないワンコ達を見せられ
まず最初に涙が出ました。
次に管理者のコメントを聞いて怒りがこみ上げてきました。
自分の犯した過ちを自覚していないコメントが次々とでてきました。
端折りますが大体こんな感じ↓

リ「エサや水はあげていたのですか?」
管「エサも水もあげてましたよ。毎日。1日くらいあげられなかったり
  少なかったときもありましたけど・・・


毎日きちんとエサをあげていれば、体重が10kgに満たない
ゴールデンレトリバーなんかできませんよ!
というか水は映像ではコケが生えてたのですが・・・
こんな水で与えてあげたというならお前が飲んでみろ!

リ「バリケンに穴が空いてるんですが?」
管「あれは遊んでいるんですよ!

バリケンに穴が開くなんて想像すらできませんでしたよ!
バリケンはワンコを入れる小さな家ですネ。
管理者のインタビューの後、バリケン製造の業者さんが
バリケンをハンマーで思いっきり何回も叩いていましたが
穴はおろか、傷ひとつつかないシロモノなんですよ。

(中略)
管「もう少し早く何かできたらうんぬん・・・

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥って諺がありますが
まさにこれですね。
閉園しスタッフ4人と500匹のワンコが残った時点で、
なぜ愛護団体などに相談しなかったのでしょうね?
普通に考えて1日1人当たり125匹のワンコの世話なんて
できるわけないじゃないですか。
挙句、亡骸を土に埋めてみたり、保健所に処分を求めに行ったり・・・etc
一生心に残るであろう(人の心を持っているならですが)の傷を
背負っていくことになってしまったんですからね。

ギルメンの方がこの事件を扱っていたこともあり
いろんなサイトを回ってきました。

このドッグパークで10万円出して買った方の記事がありましたね。
これから一緒に暮らすはずだったワンコは今呼吸器を着けないと
生きていけない身体だそうです。
買ったときにすでに肺に穴が開いてたそうです。
サイトを回れば回るほど、この管理者残酷さが感じられました。
とてもじゃないですけど生き物を扱う人とは到底思えませんでした。
こんなので経営している言うのならあたしでもできますよ。

今も救助活動が続いているので、ボランティアに行きたかったのですが、
場所が場所だけに救援物資を送るだけにしました。
使われるといいなぁ・・・
病気持ちワンコ用ドッグフードは売ってなかったので
ささやかながら消毒用エタノールを5本送りました。

来週に現地で里親募集があるらしいですが、温かい家族に1匹でも
多く引き取られるといいですネ。

とにかく!
生き物はおもちゃではありません。
食べたり、遊んだり、寝たりと人間と同じ生活をしています。
ただカワイイ~とか言って飼うような、甘っちょろいことではないのです。
そういう飼い主は成犬になったら手に余り、保健所に処分を依頼するような
とんでもない飼い主になり兼ねません。実際にいるんですよ、そういうの。
飼うからには最期を看取るまで責任を持って飼いましょう。

最後に今回の件についての関連サイト
上の文は読まなくてもいいからこちらの各サイトは興味を持った方は
全て回ってみてください。


・今回の現場指揮権をお持ちのアークエンジェルズさんの本サイト
ark-angels.gif


アークエンジェルズさんのブログサイト

・広島ドッグパークレスキューサイト
resucue.gif


「ひろしまドッグぱーく」崩壊事件に対する嘆願書署名  [協力のお願い]

「日本にアニマルポリスを誕生させよう」管理人kanakoさんのブログ


Posted by わる
comment:0   trackback:0
[【etc】よもやま]  thema:気になるニュース - genre:ニュース
comment
comment posting














 

trackback URL
http://waru1974.blog6.fc2.com/tb.php/242-1cd31ee1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。